肌細胞を培養・移植し肌を根本治療する「肌の再生医療」の情報サイト

肌の再生医療
資料ダウンロード
資料ダウンロード

肌の再生医療による顔全体治療症例:Z-0008

20代女性 治療後6ヶ月

顔全体がお悩みで、RDクリニックで肌の再生医療を行ったモニター患者様の症例写真です。

治療前
治療後6ヶ月

担当医師よりコメント

顔全体に予防目的で治療をされた方です。肌の再生医療は老化したお肌を再生させる医療です。当然ながら老化していないお肌に治療をしてもほとんど効果がありません。例えは悪いですが、風邪をひいて具合が悪い時に風邪薬を飲むと元気になりますが、風邪をひいてない人が風邪薬を飲んでも元気にはなりません。老化していない人が肌を再生する治療をしてもほとんど効果はありません。今回の症例は、その点を十分お話しし、導入治療(2倍量の大量細胞移植)は行わず、メンテナンス目的での維持治療(1回単回での少量細胞移植)を行いました。今回の症例は、そもそも20代なのでお肌は老化していない。従い予防目的(細胞保管を含め)の肌の再生医療です。

クリニックを探す
このページの上へ