肌細胞を培養・移植し肌を根本治療する「肌の再生医療」の情報サイト

肌の再生医療
資料ダウンロード
資料ダウンロード

肌の再生医療による目の下のクマ治療症例:K-0006

40代女性 治療後1年6ヶ月

目の下のクマでお悩みで、肌の再生医療を行ったモニター患者様の症例写真です。

治療前
治療後1年6ヶ月

担当医師よりコメント

老化…あまりいい言葉ではありません。しかし、老化が一番現れるのが目の下です。老化した目の下は、端的に言えば「凸凹」しています。それに対し、若い人も目の下は「平ら」でハリがあります。目の下の凸凹には、お腹などからとった脂肪を注入すれればいいのですか?それとも(目の下から)脂肪を切除すればいいのですか?そんな質問を受けることがありますが、どちらも×です。目の下の膨らみやたるみが気になると訴える患者さんには「脂肪を切除しましょう」。目の下のへこみが気になる患者さんには「じゃあ、そこに脂肪を入れて膨らましましょう」ではありませんね。

クリニックを探す
このページの上へ