肌細胞を培養・移植し肌を根本治療する「肌の再生医療」の情報サイト

肌の再生医療
資料ダウンロード
資料ダウンロード

肌の再生医療による目の周り治療症例:E-0007

30代女性 治療後9ヶ月

目の周りがお悩みで、肌の再生医療を行ったモニター患者様の症例写真です。

治療前
治療後9ヶ月後

担当医師よりコメント

この方は目の下のたるみ、目の下のクマを気にされて来院しました。
さて、「肌の再生医療の効果が良く出る人と効果が出ない人。個人差はあるのですか?」よく聞く質問のうちのひとつです。答えは「原則、効果に個人差はありません。どのような方にも効果は出ます」
しかし、この症例写真では症状(目の下のクマ)は良くなっていますが、そんなに劇的な変化は認められません。なぜでしょう。それは、この症例は年齢が若い方だからです。
一般的に年齢の若い人は、肌の衰えも(50代、60代の方に比べ)軽度です。従い治療効果も軽度になります。例えば17歳の高校生に肌の再生医療をしたらどうなるでしょうか?そうです。「何も変わりません」理由は、肌の衰えのない人に肌の再生などをしても無意味だからです。風邪をひいていないのに風邪薬を飲んでも元気になりません。当たり前です。風邪をひいている人が風邪薬を飲むからこそ効くのです。同じように、肌の衰えた人が治療を受けるからこそ、肌の再生医療は効果を発揮するのです。

クリニックを探す
このページの上へ