肌細胞を培養・移植し肌を根本治療する「肌の再生医療」の情報サイト

肌の再生医療
資料ダウンロード
資料ダウンロード

目の下・目尻・まぶたの「たるみ」を改善

当たり前のことからお話を始めますが「たるみ」と「しわ」は全く同じ原因で起こります。目のまわり(目尻、目の下、瞼、眉間)の皮ふがたるんできて、その「たるみ」が限界を超えるとアコーディオンのヒダヒダのような「しわ」が生成されます。「たるみ」が無いところには「しわ」は出来ず、「しわ」ができるところには必ず「たるみ」が存在します。当たり前ですね。しかし、多くの人はこの当たり前のことを十分すぎるほど理解はしているはずですが、「たるみ」と「しわ」の共通点は何?と聞くと、正確に答えることのできる人はそう多くありません。
では「たるみ」と「しわ」の共通点は何でしょうか?

目の周りのたるみ

「たるみ」と「シワ」の共通点

ズバリ!皮ふ(お肌)を構成する細胞の質的低下、並び量的低下です。
ちょっと難しい話になりますが、人間は60兆個の細胞からできています。でも、もとをただせば、皮ふ(お肌)を構成する細胞も含めて、全ての人間は、たった1個の細胞にまで遡ることが出来ます。人間は皆、時間をどんどん遡っていけば、お母さんの子宮の中にまで遡って、そしてもっともっとさかのぼると、たった1個の受精卵という細胞に行きつきます。たった1個の細胞から、皮ふ(お肌)が出来て、神経が出来て、筋肉が出来るのです。そして、たった1個の細胞から出発した私たちの老化とは、我々のカラダを構成する細胞そのものの能力の低下(質的低下)と細胞の数の減少(量的低下)のことなのです。
例えば、老化の象徴である骨粗鬆症という状態(病気)を考えてみましょう。骨粗鬆症とは、骨を構成する細胞の質の低下、並び細胞量の減少なのです。骨を構成する細胞(骨細胞)の量的かつ質的な低下により、骨がスカスカになります。そして転んだだけでもスカスカの骨ではすぐ骨折してしまいます。これは何を隠そう、骨を作っている細胞の数の減少(量的低下)と、を作っている細胞のカルシウム沈着能力の低下(質的低下)の顛末なのです。
皮ふ(お肌)の老化現象(老人用顔貌)も骨粗鬆症と原理は全く同じです。皮ふ(お肌)を構成する細胞(肌細胞)の量的かつ質的な低下により、皮ふ(お肌)がスカスカになります。肌粗鬆症(骨粗鬆症に対し)という言葉はありませんが、この状態が「たるみ」と「しわ」の共通点なのです。
まず最初に「たるみ」が起こり、それに耐えきれなくなった皮ふ(お肌)がアコーディオンのように折りたたまれたものが「しわ」なのです。

目の周りのたるみ

なぜ、目の周り(目尻、目の下、まぶた、眉間)の「たるみ」「シワ」が気になるのか?

私たちは「お肌」というと顔のことを連想します。もちろん全身のお肌のケアというような場合にも「お肌」という言葉を用いますが、「お肌」というと、圧倒的にお顔の皮ふのことを連想します。医学的に「お肌」は「皮ふ」の俗称で、足の裏の皮ふであっても、背中の皮ふであっても、手のひらの皮ふであっても、そして、「まぶた」の皮ふであっても医学的には同じ皮ふです。ここでは、特に目のまわり(目尻、目の下、瞼、眉間)を考えてみましょう。
医学的に皮ふは全身を覆っています。最も厚みのある皮ふは足底(足の裏)の皮ふです。足底(足の裏)の皮ふは5mm程度の厚さを持っています。そして最も薄い皮ふは目のまわりの皮ふなのです。その厚さは約0.5mm程度です。
足の裏の皮ふは「お肌」とは言いません。皮ふと言います。もしくは「足の裏の皮」とも言います。
「たるみ」と「しわ」の共通点でも書きましたが、お肌の「たるみ」「しわ」の共通点は肌粗鬆症(骨粗鬆症に対し)のような、皮ふ(お肌)を構成する細胞(肌細胞)の量的かつ質的な低下により、皮ふ(お肌)がスカスカになることなのです。従い皮ふ(お肌)を構成する細胞(肌細胞)の量的かつ質的な低下により最も影響を受ける皮ふはもともと薄い皮ふなのです。人体で最も薄い皮ふを「お肌」と呼び、古今東西大切にしてきたのです。人体で最も薄い皮ふが目のまわり(目じり、目の下、瞼、眉間)であるため、私たちは最も目のまわり(目じり、目の下、瞼、眉間)のたるみしわに敏感なのかもしれません。

肌の再生医療で目の周りを治療した方の症例を見てみよう

クリニックを探す
このページの上へ