肌細胞を培養・移植し肌を根本治療する「肌の再生医療」の情報サイト

肌の再生医療
資料ダウンロード
資料ダウンロード

マリオネットラインとは?

マリオネットラインとは、唇の両脇からあごに向かって伸びる2本の溝のことです。
ほうれい線は子供にもあります。したがい、ほうれい線は、もともとあったラインが老化で強調されるものです。
一方、マリオネットラインは子供のころにはありません。無かったものが加齢によって出現したものですから、ほうれい線より、より一層、老けた感じを強く印象付けるのです。
30代後半から少しずつ出現し、お年を召した50代くらいから明らかに目立ってきます。あやつり人形(マリオネット)の口が、パクパクと動くための切れ込みと似ていることから、マリオネットラインと呼ばれるようになりました。

マリオネットライン

マリオネットラインは鼻のから唇にかけてできるほうれい線の下である口の端からあごにかけてできるので、ほうれい線と合わせて「二重ほうれい線」とも呼ばれていますが、学術的(医学的)に、「ほうれい線」と「マリオネットライン」は全く異なります。ほうれい線は学術用語(解剖用語)では鼻唇溝(英:Nasolabial fold)と言います。一方マリオネットラインに対応する正式な学術用語がありません。何故でしょうか?
ほうれい線(鼻唇溝)は、人種、年代や性差に関わらず程度の差こそあれ、全てのヒトに認められる普遍的な顔の構造ですから学術(解剖学)的名称がついています。鼻や耳が学術用語(解剖用語)であると同じように鼻唇溝も学術用語なのです。従い、生まれたての赤ちゃんにもほうれい線(鼻唇溝)はあります。
一方、マリオネットラインは、どの年代にも認められるというわけではありません。従い、学術(解剖学)的名称は存在せず、主に形成・美容の臨床医の間で使われている慣用語なのです。なぜ、このような堅苦しい話(学術的な話)から始めたのかには意味があります。
ほうれい線は、もともと存在していた溝(鼻唇溝)が加齢によって徐々に変形し深くなってゆくしわのことです。一方、マリオネットラインは無かったものが加齢によって出現してくるものです。 これはマリオネットラインへの対処方法を考えるうえで非常に重要になります。

マリオネットラインが現れるまで

ほうれい線は子供にもありますが、マリオネットラインは子供にはありません。マリオネットラインが老化の象徴であるならば、お顔が子供から大人になるに従いどのような変化がおこるのでしょうか。
お顔は、一番表面が皮ふ(肌)、その下に皮下脂肪や、表情筋、筋膜などがあります。これらの衰えが複合的に絡み合ってお顔が変化してゆくのです。
マリオネットラインの場合も、 皮ふ(肌)の衰え、 表情筋、筋膜の衰え、 皮下脂肪の衰え。この3つの要素が絡み合って出てきます。
しかし、最もマリオネットラインの形成に影響を及ぼすのが表情筋、筋膜の衰えと考えられています。頬にはバッカル・ファット・パッドと呼ばれる脂肪の塊がありますし、顔の筋肉の中で最も巨大な筋肉である咬筋(モノを噛むときに使う筋肉)もあります。表情筋が衰えることによって、今まで表情筋の力によって支えてきた脂肪を支えきれなくなり重力の影響により下方に移動してきた脂肪が「口角下制筋」(こうかくかせいきん:マリオネットラインのあたり)により堰き止められることにより出来てしまいます。

マリオネットライン

マリオネットラインの改善

マリオネットラインと表情筋トレーニング

上記の「マリオネットラインが現れるまで」で解説した通り、マリオネットラインができてしまう一番の原因は表情筋・筋膜の衰えです。
表情筋・筋膜を衰えさせないためにも、口の周りの筋肉を鍛えるようなエクササイズ・マッサージなどもたくさんご紹介されています。また表情筋を鍛える道具(paoなど)も販売されています。美顔器などもありますよね。
もちろんご紹介されているようなエクササイズ・マッサージ、美顔器などもマリオネットラインを予防するにはいいと思います。若いのにマリオネットラインができて悩んでいる方は血行が良くなるので効果的かもしれません。
しかし、 医学的に見ると表情筋トレーニングは逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。表情筋はその成り立ち(発生学的)からすると、随意筋(骨格筋)よりもむしろ不随意筋(腸を動かす筋肉、など)に近い筋肉です。不随意筋は鍛えることはできません(胃や腸の筋肉は鍛えられない)が、アスリートのように骨格筋は鍛えることが出来ます。現在では表情筋はあまり鍛えることが出来ないというのが医学的見解です。ただし、適度な表情筋による運動は血行を良くするなどの効果がありますが、過度にやり過ぎるとむしろ、新たなしわを作るのでやめた方がいいでしょう。適度なエクササイズ、マッサージを心がけましょう。

マリオネットラインが出来ないような日々のケア

肌や表情筋に過度の負担をかけないことに尽きます。タバコや睡眠不足はもちろんダメ。表情筋の運動もデメリットな部分が多いので推奨はできません。 また片側の歯でのみモノを噛む習慣のある方は、ほうれい線もマリオットラインも片方だけ強く出るので(噛んでる方の側にしわが強く出ます)止めましょう。また、矯正が引き金になってほうれい線やマリオネットラインが出る場合もありますので、歯科の先生によく相談してください。

マリオネットラインの治療

マリオネットラインの治療には
・手術的な治療
・レーザー治療
・再生医療による治療
以上の大きく分けて3種類の治療があります。それぞれのメリットデメリットを説明します。

まず、人間は60兆個の細胞からできています。老化とは、我々のカラダを構成する細胞そのものの能力の低下(質的低下)、さらに細胞の数の減少(量的低下)のことです。老化の象徴である骨粗鬆症という状態(病気)は、骨を構成する細胞の質の低下、並び細胞量の減少です。骨を構成する細胞(骨細胞)の量的かつ質的な低下により骨の形は変わらなくとも、骨の中がスカスカになります。そして転んだだけでもスカスカの骨ではすぐ骨折してしまいます。お顔の老化現象(老人用顔貌)も例外ではありません。
理想は、皮ふ、表情筋(筋膜)、脂肪の3つの要素に対してアプローチするのが良いのですが、なかなかそのような治療方法がないのも現実問題です。以下の治療方法がどこにアプローチするのか?それを理解して治療方法を選んでください。全てにメリットがありますがデメリットもあります。完全無欠の治療方法など無いという事を先ずは肝に銘じてください。

マリオネットラインの手術的治療

マリオネットラインが現れるまでで書いたように、マリオネットラインの原因の6割〜7割ぐらいが、脂肪の萎縮、筋膜や筋肉の萎縮です。残りの3割〜4割ぐらいが皮膚の萎縮、弾力の低下によるものと考えられます。
マリオネットラインの手術療法と言っても、皮下に糸を入れる手術もありますし、フェイスリフト手術(SMAS法)と呼ばれる大がかりなものもあります。マリオネットラインの原因の大部分が脂肪の萎縮、筋膜や筋肉の萎縮であるので、そこに直接アプローチするフェイスリフト手術(SMAS法)が最も効果的な治療方法です。
一方、同じ手術に分類される糸を埋め込む手術(糸を埋め込むフェイスリフトと称していますが…)では、直接脂肪の下垂や筋肉の萎縮に対応できないので、効果は次に述べる再生医療、レーザー治療と同等と考えてもいいでしょう。

マリオネットラインへのレーザー治療

マリオネットラインとは、まず脂肪が萎縮して下方に落ち、そしてそれを支えきれなくなった表情筋の萎縮により垂れさがってブルドックのようになることが一番の原因ですが、もちろん皮膚のハリの低下により、その溝(ライン)が強調されるのも事実です。
スキンタイトニングのレーザーなどを行うことにより解消は可能ですが、やはり効果は手術にはかないません。また、レーザーによるスキンタイトニングは、後述する再生医療(肌細胞補充療法)には効果そのものも、持続期間でもかなわないでしょう。

マリオネットラインへのヒアルロン酸、ボトックスなどの注入療法

マリオネットラインの出来てしまう原因から考えるとボトックスはほとんど効果がないと考えられます。どこのクリニックでもボトックスによるマリオネットラインの治療は行っていないと推察されます。
ボトックスもしわの治療方法ですし、ヒアルロン酸もしわの治療ですが、その作用機序から考えるとボトックスはほとんど効果がないと考えています。ヒアルロン酸の注入療法もその作用機序である「膨らませる」ことを考えると、決まった持続期間の治療効果を得ることが可能です。

マリオネットラインへの再生医療

重力で下方に落ちてきた頬の脂肪を、支えられなくなった皮膚を改善することでシワの出現を抑えることができます。肌機能の改善を目的とした治療になるので、持続期間では他治療と比べて非常に高い効果を得ることが可能です。

クリニックを探す
このページの上へ