肌細胞を培養・移植し肌を根本治療する「肌の再生医療」の情報サイト

肌の再生医療
資料ダウンロード
資料ダウンロード

ほうれい線を改善

頬(ほほ)のたるみの特徴

年齢による頬(ほほ)のたるみは、頬(ほほ)の肌の中でコラーゲンを作っている「肌細胞」が減少することで生じます。
コラーゲンは肌のハリや艶を維持する重要なたんぱく質。このコラーゲンをつくる肌細胞が減少することによって、ハリがなくなったり、たるんだりします。
頬(ほほ)がたるむとほうれい線ができ、より一層老けて見られてしまいます。またたるみにより口角が下がり、顔全体の印象も悪く見えてしまいます。

頬(ほほ)のたるみを解消

頬(ほほ)のたるみを解消するのには、表情筋を鍛えたり、美容整形でリフトアップする方法などもあります。しかし、これらの方法は、鍛えるのをやめてしまったりすると元に戻ってしまったり、美容整形でリフトアップをしてもダウンタイムがあったり、整形自体も不自然になってしまったり…といったデメリットがあります。
「肌の再生医療」はご自身の肌細胞を培養し、お肌に移植することで、頬(ほほ)のたるみの原因でもあるコラーゲンをつくる肌細胞が増えるため、お肌のハリが自然に出て、頬のたるみを解消することが出来ます。

クリニックを探す
このページの上へ