目の下のクマ(青クマ・黒クマ)の原因は?対策や治療法を解説

あなたの『クマ』は『何クマ』?

目の下のクマは、大きく分けて3つのクマに分けられます。

青クマ黒クマ茶クマ【青クマ】
青クマは肌が薄くなることでできるクマで、クマの周りを押さえたり引っ張ったりすると色が変化するクマです。年齢と共に肌の厚みを作り出す肌細胞が衰え減少してしまうことで、若くハリのあった時のような十分な量のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出せない為に肌が薄くなってクマが目立つようになります。

【黒(影)クマ】
黒クマは肌のたるみによって影ができるクマで、上を向くと目立たなくなるのが特徴です。肌細胞が衰え減少してしまうことで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が少なくなり、ハリがなくなり、皮膚をささえることができずに重力によ ってたるみ、できた溝の影が黒クマになります。

【茶クマ】
茶クマは色素沈着によってできるクマです。度重なる疲労や、目をこすることでおこる色素沈着が主な原因です。
紫外線によるシミや、皮膚の新陳代謝の低下、血行不良な状況を放置しているような場合も茶クマができることがあります。

 

目の下のクマの原因

目の下のクマと呼ばれる症状は、実は多彩な症状の総称です。
医学的(解剖学的)に「目の下のクマ」という状態は存在せず、その本態は、ほとんどが以下の3種類に分類されます。

  • 皮ふの萎縮(弾力性を失い、薄くなってしまった状態)
  • 眼科内脂肪が薄くなった目の下の皮ふ(眼輪筋)を押し出して、飛び出てしまった状態
  • 色素沈着

それが、青クマ、黒クマ、茶クマなどと慣用的に呼ばれているにすぎません。そして、最も大切なことは、自分自身で思っている「目の下のクマ」の状態が、必ずしも治療可能な症状であるとは限らないことです。
その中には肌細胞による肌の再生医療では治療できない症例も少なからず存在しています。ただ、40 歳を超えた方の目の周りの皮膚は、必ずと言ってよいほど肌の弾力性や皮膚のハリ(厚み)は低下していますから、肌細胞による肌の再生医療は有効であることは間違いありません。
しかし、色素沈着による原因が強い場合には、肌の再生医療では治療困難な例も存在します。また、安全性の高い再生医療ではありますが、美容目的の治療は「不要不急の治療」であることも常に心のどこかに置いておくべきです。どの美容治療にも言えることですが、迷ったら施術を受けない判断も大切です。治療説明(インフォームドコンセント)を受けて、その日に治施術実施を決めてしまうのではなく、一度時間をおいてから実際の施術実施をお決めいただくことをお勧めいたします。

目の下のクマの改善

青クマ、黒クマは、肌の厚みを取り戻すことで改善することが出来ます。肌の厚みを取り戻すには、真皮層を厚くするしかありません。美容整形で行われる「ヒアルロン酸」注入などは、直接「ヒアルロン酸」を肌に入れる事で厚みを回復させます。

ヒアルロン酸注射による治療法
しかし、私たちの身体は自己で生成された物以外を異物と認識し排除しようと働きます。その為、外部から注入した「ヒアルロン酸」は一定期間で排出されてしまうので、定期的に注入しなければ厚みを維持することが出来ません。肌の再生医療は、「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」を作り出す肌細胞(真皮線維芽細胞)を移植することで、自然に肌の厚みを取り戻します。もちろん、自身の身体で作られた「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」なので、長期的に肌にとどまり肌の厚みを維持します。

肌の再生医療による治療

Copyright © 肌細胞.jp , All Rights Reserved.