ニキビ跡の原因は?対策や治療法を解説

ニキビ跡を改善するには?

ニキビ跡と呼ばれるものは大きく分けて、3つのニキビ跡があります。
まずは毛細血管のうっ血と炎症によってできてしまう「赤みのあるニキビ跡」、メラニンの色素沈着によってできてしまう「茶色いニキビ跡」。どちらもニキビ跡の中でもメジャーでよくみるニキビ跡です。そして一番厄介なニキビ跡が皮膚が凸凹してしまう「クレーターとよばれるニキビ跡」。コンシーラーやファンデーションでもなかなか隠すことが出来ず、マスクが手放せないといった方もいるかと思います。クレーターとよばれるニキビ跡は、炎症によってできてしまったニキビ跡を放置しすぎてできてしまいます。

 

ニキビ跡ができる原因

ニキビの強い炎症にさらされていると、真皮内にあるコラーゲンなどの皮膚組織がニキビの炎症を抑えるために破壊されて、傷ができたのと同じ状態になります。その治癒過程で、破壊された皮膚組織はきれいな皮膚を作ることができず、凸凹になって残ってしまいます。また、サイトカイン(免疫細胞から分泌されるタンパク質で、細胞に情報伝達をする役割がある)が過剰に生成され、ケロイド状の跡が残ってしまう場合もあります。

Copyright © 肌細胞.jp , All Rights Reserved.