完全匿名さん(30代)の肌の再生医療のご体験談

戻るボタン肌の再生医療体験談の一覧へ戻る

肌の再生医療を知ったきっかけ

家庭用アンチエイジングレーザー機を購入するか迷って、口コミを探している際、 美女道子さんのブログを見つけました。
おすすめの本「保湿とUVケアだけが美肌を作る」を読んで、内容にすごく納得して著者の北條医師について調べました。
正直、本の内容は、もっともだけど自分でできることは地味でコツコツという感じで、夢がないなあと思っていましたが、 肌の再生医療という治療への振れ幅がすごくてものすごく興味をもちました。

 

肌の再生医療を選んだ理由

他のクリニックでオーロラフォトやルビーレーザーでのほくろとりをしたことがあります。
あまりパワーのないレーザーだったので肌質がよくなるような全体への影響はなかったものの、少しずつシミが取れたり、 それなりにおもしろかったです。
でも写真を見てヘコむのは小さな部分ではなくて全体の衰え。木を見て森を見ずだなあと思って、全体へのアプローチ方法を探していて肌の再生医療をやってみようと思いました。

 

カウンセリングのご感想

治療で「できること」と「できないこと」をはっきり話してくださって好感がもてました。 実例の写真を見ながら、「この人は効果がかなり出ている」などの話を聞いて、「なんにでも効く!」のような変なものではないし、自分が求めている効果がありそうだと信用できました。
移植する部位についても、必要なところと今は必要ないと思われるところを言ってくださって売り込みがなくて良かったです。

 

細胞移植のご感想

初回から全顔に細胞を移植したので、施術の痛みや腫れなどを心配していました。
痛みはほうれい線が痛かったですが、がまんできないほどではなかったです。歯科治療くらいのストレスです。 先生がお話をしてくださりながら、リズミカルに注射していくので長くは感じませんでした。
術後は頬とおでこに赤みと、まぶたに注射の跡がありましたが、ニキビ肌なのかな?程度に見える状態だったんで用意していたコンシーラーは使わず、すっぴんにマスクで帰りました。
金曜日の施術で月曜に仕事に行くとっきには、まったく隠す必要もない肌に戻りました。これからどうなるのか楽しみです。

戻るボタン肌の再生医療体験談の一覧へ戻る

Copyright © 肌細胞.jp , All Rights Reserved.