【50代女性】再生医療によるほうれい線の改善 症例写真(症例:H-0013)

リアルタイムモニター様(治療1年8ヶ月後)

再生医療専門クリニックでほうれい線の治療を行った方の症例写真です。

h-0013 (3)

 

担当医師よりコメント

ほうれい線が明らかに改善されていますが、それ以上にほうれい線の周りの肌質の改善が著名です。肌の再生医療は導入治療と維持治療に分けられます。この症例は導入治療(2倍量の細胞を移植:連続2回移植)を行い1年8か月後の写真です。通常、導入治療は一生のうちに一回のみしか行いません。しかし導入治療を行っても、その時点から新たな加齢が加わってゆきますので、維持治療(1回のみの細胞移植)を約1年間隔で行ってゆきます。この症例は導入治療しか行っていませんがオプションである維持治療(メンテナンス)を行うことで、より老化を防ぐことが可能です。

 

 

Copyright © 肌細胞.jp , All Rights Reserved.