【70代女性】再生医療によるほうれい線の改善 症例写真(症例:H-0011)

リアルタイムモニター様(治療2年11ヶ月後)

再生医療専門クリニックでほうれい線の治療を行った方の症例写真です。

h-0011-3

 

担当医師よりコメント

導入治療(連続2回の細胞移植)後2年後です。ほうれい線が浅くなり薄くなっているのが見て取れます。再生医療を行った場合、ほとんどの方は2年経過しても、その効果が明らかです。
「この治療はいつまで持つのでしょうか?」
そんな質問を受けることが多いです。その時にはこのように答えています。
「姉妹がいます。いつまでたっても妹は姉の年齢を超えることはありません。いわば、いつまでたっても妹は(姉に比べ)若い状態です。肌の再生医療は、自分の肌を年の離れた妹の肌の若さに戻すことです。一回戻したら、そこから年齢が始まるのであって、決して治療前の状態に戻ることはありません」

Copyright © 肌細胞.jp , All Rights Reserved.