再生医療以外の美容法

-再生医療以外の美容法
-, , ,

ピーリングの効果とは?失敗のリスクや副作用はある?

ピーリングとは?

今や美容皮膚科や日々のスキンケアで手軽に取り入れられるようになった「ピーリング」。

ピーリング(peeling)とは、「皮をむく、剥ぐ」という意味。

玉ねぎの外皮をむくと、つるんとしたキレイな面が出てくるのと同じで、肌表面の不要な角質を剥ぐことで、透明感のある肌へと導くお手軽な美容法として定番化しつつあります。

ニキビ治療や古い角質の除去など、年齢を問わず、肌のすべすべ効果や美白効果を得ることができる人気の美容法です。

AHAは、果実(りんごなど)に存在する酸の総称で、フルーツ酸とも呼ばれ、古くなった角質は、酸(H+)の作用で角質層の角化細胞を剥離され、濃度や作用時間によって酸は真皮まで浸透し、線維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を促します。

 

ピーリングの効果・作用

ピーリングとは、再生作用を持った酸などの化学物質をお肌に作用させたり、細かい金属アルミナを肌に吹きかけ、古い角質層、老廃物を除去し、肌の細胞を刺激、肌を再生しようとするもので、シミ、くすみ、小じわ、ニキビなどに効果があるとされています。酸を使ったピーリングはケミカルピーリングと呼ばれ、アルファハイドロキシ酸(AHA)、トリクロロ酢酸(TCA)、フェノールなどが用いられます。AHA以外は深達度の調節が難しいので、現在はケミカルピーリングといえばAHAです。

AHAは、果実(りんごなど)に存在する酸の総称で、フルーツ酸とも呼ばれ、古くなった角質は、酸(H+)の作用で角質層の角化細胞を剥離され、濃度や作用時間によって酸は真皮まで浸透し、線維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を促します。

 

ピーリングの種類

一言でピーリングと言っても、美容皮膚科などで行う医療としてのピーリング、エステサロンでのピーリング、スキンケアなどに取り入れ自宅で行うピーリングなど、個々の目的と効果に合わせて様々なタイプのピーリングがあります。

 

医療機関で行うピーリング

医療機関で行われるピーリングには、薬剤を利用したケミカルピーリングとレーザーの熱反応を利用して質を剥離レーザーピーリングの角、大きく分けて二種類あります。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、薬剤を使い皮膚の角質を溶かし、皮膚が再生する創傷治癒の過程を利用し、また、それに伴う炎症反応によって皮膚の再生を促す治療法です。

ケミカルピーリングの歴史は古く、古代エジプトではクレオパトラが発酵乳での入浴で肌を若々しく保っていたと言われています。これが、現代で言う乳酸ピーリングだったと言われています。

医学的にケミカルピーリングが用いられるようになったのは、1880年代にドイツの皮膚科医がピーリング剤として有効な成分に関する記述をしたことがアメリカにおいて若返り療法として人気を博し、発展を遂げたという歴史があります。その後、日本人をはじめとする有色人種に対しても副作用が少ない方法であることがわかると、1994年、厚労省によりAHAピーリング剤の輸入許可が下り、以降は日本においてポピュラーになりました。

 

ケミカルピーリングの種類

現在、国内で行われているピーリング剤の主流は、以下の4種類です。

 

1.AHA(alpha hydroxy acid:アルファハイドロキシ酸):グリコール酸、乳酸、リンゴ酸など、フルーツ酸とも言われます。

AHAとは、サトウキビやタマネギなどから抽出されるグリコール酸、サワーミルクやヨーグルトから抽出される乳酸、青リンゴから抽出されるリンゴ酸、ブドウや古いワインから抽出される酒石酸などです。

AHAは、皮膚のターンオーバーを活発にして角質の剥離を促し、皮下組織への水分保持をもたらします。そうすることで細胞間の結合を妨げて角質細胞の結合を緩め、皮膚各層の落屑を促進させる作用があります。この中でグリコール酸は、他のピーリング剤が角質層から溶解していくのとは異なり、レンガの壁のような構造の角化細胞同士の接着を弱め(レンガ同士を繋ぐセメントを溶かす)、表皮を剥離しやすくすることでターンオーバーを速める作用があるため、ピーリング剤に適しているといわれています。また、薬剤によって強制的に表皮を剥がされたことによる創傷治癒にて真皮がコラーゲン、エラスチンなどの産生を促進させることで肌のハリをも実感できるといわれています。皮脂腺に対しては皮脂を除去し、開いた毛穴にも浸透して毛穴を収縮させる効果もあります。

 

2.BHA(beta hydroxy acid: ベータヒドロキシ酸):サリチル酸など

サリチル酸は、皮脂に近い性質から角質の軟化や融解作用があります。

しかし、従来のものはエタノールに溶解されていたため、肌への負担が強く、痛みや発赤、炎症などの欠点が見られました。

現在はサリチル酸をマクロゴールという基剤に溶解することによって、酸が皮膚深部へ浸透するのを防ぎ、角質層のみに反応させ、皮膚ダメージや痛みを限りなく軽減できるサリチル酸マクロゴールが普及しています。

サリチル酸によるピーリングは、皮脂分泌過多が原因で起こる皮膚や毛穴のトラブル(ニキビ)に対する効果が高いと学術的にも認められるようになりました。

角質層以外の細胞を傷つけることがほとんどなく、炎症も起きず、安全性が高いケミカルピーリングです。

参照)https://shin-cl.com/beauty/peeling.html

 

3.TCA(トリクロロ酢酸)

4.フェノール

 

TCAやフェノールの場合は、通常deep peelingに用いられます。

欧米ではポピュラーですが、施術後2〜4週間、皮膚が炎症で腫れ上がったり、赤くなったり、ぽろぽろ剥けたり等のダウンタイムがかなり厳しいことや、黄色人種では色素沈着の可能性があるため、日本人には向いていません。

これらの薬品を疾患や状態に合わせて薬品の濃度を変えたり、時には数種類の薬剤を組み合わせて使用します。日本人の肌にはグリコール酸が最もマイルドで比較的安全に使用できるので、多くの医療機関で使われています。

 

■ケミカルピーリングの深さ

ピーリングによる治療効果の面においては、重要なのは使用する薬剤の種類ではなく、ピーリングの深さ(皮膚への到達度)です。

ピーリング剤の皮膚への到達度は、大きく以下の4つのレベルに分けることができます。

  • 極浅いピーリング(very superficial) 角層のみ
  • 浅いピーリング(superficial )表皮から真皮乳頭層上層まで:AHA、BHA、TCA(10-25%)
  • 中位のピーリング(medium-depth) 真皮乳頭層上層から網状層上層まで:TCA(35%)やフェノール
  • 深いピーリング(deep) 真皮網状層中層まで:フェノール、高濃度のAHA(50%超)、TCA(40%超)

医療としてのケミカルピーリングは、シワとりなど"若返り"の一つの方法として幅広く用いられ、さまざまな研究を経て進歩してきました。

現在では、ニキビ、ニキビ後の瘢痕、乾燥肌、シミ、ソバカス、小ジワ、色素沈着など、皮膚疾患の治療や改善目的で行われています。また、顔面のみならず、手足や体幹に用いられることもあります。

 

参照)https://aoyamahihuka.com/beauty-column/vol3/

https://www.cosmetic-medicine.jp/list/peel-hihu.html

http://www.jerf.or.jp/research02.html

https://omobc.com/operation/piiling.html

https://www.dermatol.or.jp/qa/qa25/q04.html

 

レーザーピーリング

レーザーピーリングは、カーボンピーリング、マックスピーリングともいい、黒いカーボン粒子を顔全体に塗り、カーボン粒子にQスイッチYAGレーザーを照射し古い角質や毛穴の角栓をカーボンとともに蒸発させ飛ばします。同時にカーボンの黒色に反応するレーザー光が熱に変換され毛穴を熱収縮させることで、高い引き締め効果を発揮します。

さらに波長の長いレーザーが真皮にまで届き、創傷治癒により真皮のコラーゲン生成を活性化させることで肌にハリが出る効果も期待できますが、特に毛穴のケアに大変効果のあるピーリングです。

参照)http://inabaclinic.jp/ispa/sejyutsu/laser-p

 

ニキビ治療でのピーリング

ニキビは、皮脂の排出がうまくいかず毛穴に溜まってしまうために皮膚が炎症を起こすことが原因であることが多く、そのまま放置しておくと炎症が悪化し、赤く痛みを伴うにきびや膿をもったにきびになってしまいます。浅いピーリングにて古くなった角層を剥がすことにより、毛穴を塞いでいた角質や皮脂汚れが排出され、つまった毛穴が開き皮脂の排出がスムーズになるため、ピーリングを利用して治療を行います。

また、角層にはメラニンも含まれており、これを取り除くことによりある程度のくすみやシミの改善が期待できます。

参照)https://www.dermatol.or.jp/qa/qa25/q04.html

 

エステで行うピーリング

エステサロンでは肌表面の状態を整えたり、化粧のりを良くする、肌に透明感を持たせる、肌のターンオーバーを促す等の目的でケミカルピーリングを用います。

エステではAHAによる浅いピーリングのみを行い、TCA、フェノールなどによるピーリングは皮膚への薬液の浸透度が深いため、皮膚が壊死するなどの危険性、また、有色人種に対しては瘢痕や色素沈着などの合併症を起こす危険性が高いため、AHA以外の薬剤はエステで用いるピーリング剤としては適していません。

日本におけるケミカルピーリングの歴史はまだ浅く、1994年に厚労省によりAHAのピーリング剤の輸入が認められてからは、AHA濃度等に関する規制はなく、安全基準のないまま広がりました。そのため、エステによる皮膚トラブルの被害が続出し、この状況から2000年11月に厚生労働省が「ケミカルピーリングは医師のみが行える『医療行為』である」と日本医師会や都道府県へ通知しました。

ケミカルピーリングに使用する酸の種類・濃度・pH値などは、接触時間や月経周期によって皮膚への浸透度が異なります。そのため、安全なピーリングを行うには、医師の元でひとり一人の肌をしっかり診察した上で、その人に合った治療方法を選ぶことが大切です。

さらに、2016年7月1日に厚労省は、AHAの中でも一般的なピーリング剤として広く使用されていたグリコール酸(3.6%以下)を毒物及び劇物取締法に基づく劇物に指定しました。

グリコール酸3.6%以下のものは使用可能ですが、この3.6%という濃度は非常に薄く、化粧品への配合量としても少なめです。

米国におけるピーリング剤としてのAHA濃度の基準は、化粧品の場合は10.0%未満、pH3.5以上、訓練された技術者(エステなど)は30.0%未満、pH3.0以上、医師は30.0%以上、pH3.0以下ですので、3.6%以下という濃度がいかに薄いのかがわかります。

参照)https://www.gohongi-clinic.com/k_blog/891/

https://yamamoto-hihuka.com/page-636

現在ではエステで行うピーリング剤にはそれまでのグリコール酸主流から乳酸やフルーツ酸を用いるようになっています。

医療機関以外で行うケミカルピーリングは施術内容等を十分に吟味し、安全性を確認した上で行うことをお勧めします。

 

セルフケアでのピーリング

現在、国内大手メーカーが市販するAHA配合化粧品の濃度は、1%未満かつpH4.6-6.1で、非常に安全性が重視された処方となっています。

参照)https://cosmetic-ingredients.org/peeling/%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab%e9%85%b8%e3%81%ae%e6%88%90%e5%88%86%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%a8%e6%af%92%e6%80%a7/

化粧品配合量や通常使用下においては、一般的に安全性に問題のない配合量ではありますが、pHが低い(酸性度が高い)ほど皮膚への刺激が起こる可能性が高くなり、また、pHや濃度と関連なく肌の状態によっては刺すような痛みを感じる可能性もあります。皮膚炎やバリア機能が低下している状態でのピーリング剤配合のスキンケア商品を使用する場合には、ピーリング化粧品は注意を必要とします。

セルフケアにおけるピーリングの種類

日々のスキンケアとしてセルフで行うピーリングには、様々な種類のものがあります。

・洗顔石鹸:洗顔するだけでピーリング効果が得られる

・拭き取り化粧水:次に使う基礎化粧品の浸透を高める

・ジェル:洗顔と化粧水との間に使用して角質を柔軟にし肌の代謝を整える

・こすり落とるタイプのジェル:顔やボディの気になる箇所に塗り、マッサージすることでジェルがポロポロと古い角質を絡めとる

また、最近では、“血みどろピーリング“と呼ばれるスキンケアも登場しています。

まるで血液のような、真っ赤なドロっとした液体を、洗顔後の乾いた肌に、目の周りを避けて塗って、10分放置し、その後洗い流すというもの。

AHAを30%配合しており、カナダ発のスキンケアブランドで日本では未発売ですが、美容に敏感な人たちの間でSNSを中心に口コミで広まっています。

セルフで行うにはかなりな高濃度なため使用する際には注意が必要ですが、いずれにせよ、“湯上がり卵肌“に憧れる女性にとって、文字通りに一皮剥けるピーリングは、今後も重要なスキンケアアイテムとして取り入れられていくことと思われますが、皮膚において角質層は紫外線から皮膚を守る重要な働きを担っています。

セルフで行う低濃度でのケミカルピーリングにおいても、角質層を強制的に剥がすことにより紫外線が皮膚を通過しやすい状態となってしまいます。

紫外線は、しみや皮膚老化の原因です。

また、角質層は皮膚から水分が失われるのを防ぐ働きもあります。ケミカルピーリング後は角質が脱落し保湿力が低下しますので、紫外線ケアと保湿を十分に行い、コラーゲンを生成する真皮を守ることを忘れないようにしてください。

参照)https://www.cosmopolitan.com/jp/beauty-fashion/beauty/a32974869/the-ordinary-peeling/

 

効果の持続期間と治療可能部位

ピーリング 肌の再生医療
ほうれい線 ×
顔・たるみ
シワ・若返り
上まぶたのくぼみ・三重まぶた ×
目の下のくま・シワ ×
スキンケア
持続期間 半年 根本治療(数年以上)

ピーリングの問題点・副作用・トラブル

洗顔では決して到達できないレベルまで古い角質と老廃物を除去し、肌細胞の刺激・肌細胞の再生を行うするのがピーリングの本質です。そのために用いられるのが、酸や金属です。根本的な問題点・副作用は必要な角質部分までを除去してしまう場合に起こります。それが瘢痕形成や色素沈着の原因です。

そして、通常ではありえないレベルまで古い角質、老廃物の除去するからこそ、肌を構成する細胞にも作用するのであって、結果として肌そのものが、細胞レベルで再生されることが期待できます。しかし、逆に言うと、細胞が真に再生するほど強力な強い酸や金属には、それなりの副作用があるため、強すぎる酸や金属は使用できません。

 

ピーリングの体験談

ピーリングを行っているほとんど全員の方が、肌の乾燥とピリピリとした肌の違和感を訴えられます。従って保湿や遮光など適切なホームケアが必要不可欠です。ピーリングは肌の細胞にまで作用しうる化学物質(ケミカル)や金属を使う医療であるということを十分認識してください。

-再生医療以外の美容法
-, , ,

Copyright © 肌細胞.jp , All Rights Reserved.