美容のナレッジ

-美容のナレッジ

肉割れ線はなぜできる?改善する方法や予防法は?

肉割れ線はなぜできる?改善する方法や予防法はあるの?

太ももやお腹、お尻など、皮膚が乾燥しやすい部位に生じる、まるでひび割れしたかのような蛇行した線のことを「肉割れ線」と呼んでいます。

肉割れ線は、日本人女性の80%以上にあると言われており、たとえ目立たない場所にあっても、女性にとっては気になるものです。

一度できてしまった肉割れ線を、改善させる方法はあるのでしょうか。

 

肉割れ線とは

医学的には「皮膚伸展線条(ひふしんてんせんじょう)」、もしくは「線状皮膚萎縮症(せんじょうひふいしゅくしょう)」といいます。

その見た目から「肉割れ線」と呼ばれており、海外では「ストレッチマーク(stretch marks)」と呼ばれています。

肉割れ線は、皮膚の急激な成長とともに起こる、言わば自然な現象です。

肉割れ線の幅は数mm、長さは数cm〜十数cmほどで、肌がひび割れたように陥没したり、しわができます。肉割れ線のできやすさには個人差があり、痛みやかゆみを伴うこともあります。

 

肉割れ線ができる原因

何らかの原因によって皮膚が急激に引き伸ばされすぎると、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどの線維が裂け、真皮にひび割れが生じます。この真皮での断裂が肌の表面である表皮の上からわかるようになってしまった状態が「肉割れ線」です。

人間の皮膚は、表皮と真皮、その下の皮下組織で構成されています。

皮膚の一番外側の表皮には、水分を保持する角質層などがあり、表皮は伸縮性に富んでいて、多少の力が働いても壊れることはありません。

一方、表皮の下にある真皮は、主にコラーゲンやエラスチンなどの線維によって構成されています。表皮を支えて肌の弾力性を保っていますが、コラーゲンは弾力性があるものの、横方向の力に対する伸縮性には乏しく、皮膚が急激に引き伸ばされると、コラーゲン線維が裂け、真皮層にひび割れが生じてしまいます。

このひび割れが「肉割れ線」の正体です。

肉割れ線は、サイズが大きくなりやすい体の部位(腹部、太腿、お尻、胸部、二の腕など)によく表れます。

 

 成長期などの急激な体型の変化

男女ともに思春期には急激に体が成長するため、肉割れ線があらわれやすくなる時期といえます。成長期の体の発達によってできる肉割れ線は、急に発達する部分にできやすく、身長が伸びる際に、太ももの付け根や内もも、ふくらはぎなど足部分にできやすいと言われています。

 

妊娠

妊娠したことで出来た肉割れ線は「妊娠線」とも言います。

お腹が大きくなると、皮膚の表面もお腹の変化に合わせて伸びていきます。しかし、その下にある真皮層のコラーゲンと皮下組織は伸びにくいため、表面の伸びに追いつけないと裂けてしまい、妊娠線ができてしまいます。

また、妊娠によって体内に増加するステロイドホルモンも、妊娠線ができる原因のひとつと言われています。このホルモンはコラーゲンの生成や真皮のターンオーバーを抑制する働きがあるため、肌に弾力がなくなり、断裂が起こりやすくなります。妊娠時の肉割れは90%以上の妊婦さんが経験するそうで、妊娠6か月頃から下腹部や乳房、お尻に出来やすくなります。

 

急な体重増加

肉割れ線ができる根本の理由は、急激な体重増加によるものです。

太っていく体に真皮層が耐えられず、皮膚が引っ張られて肉割れ線が出来てしまいます。肉割れ線は柔軟性のない部位の皮膚に出来やすく、脂肪の多いお腹やおしり、太もも、膝裏などに現れることが多いようです。

 

参照)https://rohtoaohalclinic.com.vn/ja/stretch-mark-removal.html

 

筋トレ

筋トレに伴う筋肉量の増加によって肉割れ線ができることもあります。

基本、肉割れ線は脂肪の多い部位にできやすいのですが、大きな筋肉があるところでは筋肉の増大によって皮膚が引っ張られます。脂肪も筋肉もつきやすい部位では、特に肉割れ線ができるリスクが高いと考えることができます。

具体的には太ももや二の腕には脂肪も筋肉もつきやすいため、筋トレによって肉割れ線ができやすく、また、お尻も脂肪が多いことから肉割れ線ができやすい部位と言われています。

実際には脂肪の量や皮膚の柔軟性、体型などの影響も受けて肉割れ線は生じますが、筋トレによって肉割れ線ができやすい部位があることは覚えておきましょう。

 

参照)https://www.ebisu-bc.com/column/stretch_marks/training_notes/

 

加齢

加齢によって真皮の線維芽細胞が減少すると、肌の弾力を保つためのコラーゲンやエラスチンの生成量も減ってしまいます。若い頃は豊富にあったこれらの成分が減少すると、通常では肉割れ線にならない程度の体型の変化でも真皮の繊維が裂けて肉割れ線が出来るてしまうこともあるようです。

 

肉割れ線の種類

肉割れ線の見た目は様々で、できてから時間の経過とともに肉割れ線の色などの見た目に変化があります。

 

初期

最初の段階では、細かい線が肌にあらわれる程度で、その線は平です。

線の色は、亀裂の入った皮膚の下にある毛細血管が透けて見えるため、ピンク(赤色)や赤紫色です。

 

中期

時間の経過とともに、肉割れ線のある部位の皮膚がわずかに凹み、亀裂のようなひび割れが見えるようになります。線の色は赤みを帯びており、この段階で、ひび割れた部分にかゆみを感じる人もいます。

 

後期

赤味を帯びた肉割れ線ができてからさらに時間がたつと退色し、やがて灰白色になります。白っぽくなったことで赤い肉割れ線よりは目立たなくなるものの、割れ目はわずかに窪んだ溝となり、触るとデコボコになっているのがわかります。

時間が経過した肉割れは一般的に皮膚の色より明るめになります。

 

参照)https://rohtoaohalclinic.com.vn/ja/stretch-mark-removal.html

 

肉割れ線の対策

肉割れ線は、真皮層でのコラーゲンやエラスチンなどの線維の断裂です。

一度できてしまうと、時間の経過とともに色味は目立たなくなりますが、

残念ながら自然に消えることはありません。

そのため、まずはできないように予防することが大切になります。

 

肉割れ線の予防法

 

①体型の維持・管理

急激な体型の変化を起こさないように気をつけましょう。特に体重増加には注意が必要です。多くの場合、肉割れ線は急激に太ったときにできると言われています。太るスピードに皮膚の成長が追い付かないためです。

適度な運動、高たんぱく、高繊維質、低脂肪の食事を心がけることは体重の増加防止につながります。肌の新陳代謝を促すタンパク質は、肌に弾力を与えるコラーゲンの元になりますので積極的に摂取するのも良いでしょう。また、毎日体をチェックすることで変化に気づくことも大切です。

特に脂肪のつきやすいお腹周り、お尻、太ももは要チェックです。

 

②保湿

肌が乾燥していると皮膚の柔軟性が低くなり、伸びにくいため、肉割れ線ができやすくなります。そのためクリームやオイルなどでしっかりと保湿し、マッサージなどを加えて血液循環を良くすることもおすすめです。

 

肉割れ線の解消法

市販の肉割れクリームなどを用いたところで、肉割れ線は完全に消すことは不可能だと言われています。そのため、治療として皮膚科などの専門医に相談するという方法もあります。

 

①レーザー治療

サーマクールやフラクショナル(フラクセル)などで肉割れ線を治療します。

 

サーマクールの、レーザーの何倍もの強さをもつラジオ波(高周波)の熱エネルギーによって、真皮でコラーゲンを産生させることにより、傷跡の凹みを改善することができます。 腹部にサーマクールのラジオ波を照射すると、タンパク質の熱収縮により皮膚が引き締まります。また、ダメージを負った真皮が創傷治癒によりゆっくりと時間をかけてコラーゲンを再生するため、治療が難しいといわれてきた妊娠線も薄くして引き締めることが可能だと言われています。

 

フラクショナルレーザー(フラクセル)は、非常に細いレーザービーム(0.06〜1.0mm)をドット状に無数に皮膚に照射して、その熱の影響により皮膚に微細な傷をつくります。この穴が治癒する過程を利用して真皮の線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの生成を促し肉割れ線を改善させます。

 

これらのレーザー治療の効果は個人差が大きく、費用も高額になりがちです。医療機関によって異なりますが、一回のレーザー照射で1~5万円ほどかかることが多く、一般的には5回程度の治療が必要となります。経済的負担が大きく、治療後は赤みや腫れが出ることがあるので、事前のカウンセリングでしっかりと相談しましょう。

 

参照)https://shirono.mbsq.com/solutions/stretchmark.html

 

②炭酸ガス(炭酸メソ)治療

肉割れ部位に極細の針を刺し炭酸ガスを注入する方法です。

1930年代に動脈硬化などの血管障害の治療法として使用され、成果をあげいます。その後、美容医療分野でも応用され、部分痩せや妊娠線、シワの改善、傷痕の治療法として活躍しています。もともとフランスで妊娠線解消の治療として行われた方法で、海外はで10年以上の治療実績があり、効果が高く副作用もほとんど見受けられない治療法と言われています。

 

通常、体内の酸素は赤血球内のヘモグロビンと結合して血液中を運ばれています。

炭酸ガスを肉割れ部位に注入することにより、血液中の二酸化炭素濃度が上昇すると、酸素と結合していたヘモグロビンが酸素を解離するという現象が起こります。それによって、赤血球から放出される酸素量が増え、酸素が集まることで、炭酸ガス注入部位の新陳代謝が活性化します。局所的(痩せたい部分)な有酸素運動を行っているのと同じ状態になり、代謝が促進されます。また、炭酸ガスの注入により毛細血管が拡張し血流量が増加、さらに血管新生が起こり、皮膚再生を促します。同時に血管周囲の細胞が活性化するので、真皮の線維芽細胞も刺激され、コラーゲン生成が活発化、さらには炭酸ガス注入の圧力で真皮層の剥離が起こり、化学的な反応によりコラーゲンのターンオーバーが活性化されるため、肉割れ線だけではなく傷痕などへも有用と言われています。。

薬剤などを使用しないため、これまで副作用などは報告されておらず、安全性がとても高い治療方法ですが、針を刺してガスを注入する際に痛みを感じることが多く、治癒する過程で少し腫れてしまうこともあります。

 

参照)https://www.ebisu-bc.com/column/stretch_marks/2_recommended_treatments/

https://www.coral-beauty.jp/operations/co2meso

https://www.binokaori.com/menu/co2meso/

 

③ダーマローラー・ダーマペンによる治療

ダーマローラーは髪の毛よりも細い、0.5mm~の長さの針が無数に付いたローラーです。ダーマローラーを肉割れ線のある部位に転がすことによって無数の極小の刺傷を作り、皮膚が本来持っている傷を治す力を利用し、真皮層で線維芽細胞によるコラーゲン産生を増加させて皮膚の断裂を埋め、肉割れ線を改善させる治療法です。

ダーマペンは、ローラーではなくペン型タイプで、電動にて肌に針のスタンプをするタイプになります。

ダーマローラーによる肉割れ線の治療の効果は比較的多くの症例で見ることができます。しかし、ダーマローラーはどこまでの強さで転がすかによって、その効果に大きな差が生まれます。強くローラーを転がさないとあまり効果が出ないと言われており、塗る麻酔だけで施術を行うクリニックでは、痛みが生じて、その痛みに耐えられず弱い力でしかローラーを転がすことができない場合が多々あるようです。

また、1度の治療で改善することはほとんどなく、回数を重ねて治療を行う必要があるため、事前のカウンセリングで麻酔についても確認することをお勧めします。

 

参照)https://www.kabacli.net/data/130/menu_detail/?c=data&cms_data_pk=130&t_cms_data_pk=menu_detail

 

肉割れ線は、思春期の早い段階でできることが多いため、なかなか予防は難しいのではないでしょうか。

できてしまった後は、これ以上新しい肉割れ線ができないようセルフケアにて予防し、既に出来てしまった肉割れ線は専門医に任せましょう。たとえ10、20年前にできてしまった肉割れ線でも改善は可能になると言われています。

 

-美容のナレッジ

Copyright © 肌細胞.jp , All Rights Reserved.