フェイスリフト 再生医療以外の美容法

-フェイスリフト, 再生医療以外の美容法
-,

切らないフェイスリフト「スレッド(糸)リフト」の効果とは?副作用やデメリットはあるの?

スレッドリフトとは

“糸で顔を吊り上げる“

単純なようで、奥が深いもうひとつの切らないフェイスリフト術があります。

 

「しわやたるみは気になるけれど、休みがあまりとれないし、切開まで踏み切れない。でもどうせやるなら効果は確実で、長く持続させたい」

 

そんな願いを叶えるべく、フェイスリフト手術とレーザーによるフェイスリフトの良いとこ取りをしたような治療法があります。

それがスレッドリフト(糸リフト)です。

スレッドリフトは、コグと呼ばれる「かえし(棘のようなもの)」の付いた特殊な医療用の糸を皮下組織に挿入し、「かえし」に皮膚を引っ掛け、たるみを引き上げます。

糸自体はいずれ体内で吸収され自然に溶けてなくなります。

スレッドリフトはダウンタイムがほとんどなく、治療時間も30分〜1時間ほどで終わることから、手軽に行えるたるみ治療として、外科手術よりも手軽に、レーザーよりも確実にリフトアップを実現します。

また、皮下に糸が侵入することで、真皮線維芽細胞が刺激され、糸周辺には新しくコラーゲンが作り出され、たるみを改善をしながら美肌効果も期待することができる治療法です。

 

参照)https://www.shiromoto.to/ct/facelift/method/threadlift.php

 

スレッドリフトの種類

スレッドリフトに使用される糸は様々な種類、製品があります。

名称には医学的、学会的に統一されていないものも多く、医療機関が独自で命名している場合があり、糸の特徴、効果などを調査、吟味してから治療をすることをお勧めします。

 

スレッドリフトは、糸を筋膜や骨膜などの比較的固い組織に固定してつり上げる「フィックスドタイプ」と、固定せずに糸の反発力でたるみを改善する「フリーフローティングタイプ」の二つに分かれます。

 

日本でスレッドリフト用に出回っている溶ける糸の素材は、主に

  • PCL(ポリカプロラクトン;Polycaprolactone):約24~36ヶ月程度
  • PLA(ポリ乳酸; polylactic acid、polylactide):約18か月前後
  • PDO(ポリジオキサン;Polydioxanone):約6~12ヶ月程度

等があり、持続期間が長い順にPCL→PLA→PDOとなります。

体内に挿入すると時間とともに加水分解によって、尿などで排泄されたり、消化や二酸化炭素として体外に排出されます。

また、溶けない糸は、医療用のポリエステルやシリコンでできています。

バイオ素材として使用されており、安全性は高く、溶ける糸よりは持続効果が長い傾向にありますが、効果は永久ではありません。

効果の持続期間は個人差によりますが、36ヶ月程度と言われています。

 

参照)https://www.kyoritsu-biyo.com/shinryou/wrinkle/kiranai.php

 

スレッドリフトの形状

スレッドリフトで使用する糸には「コグ(日本語で歯車)」と呼ばれる棘のような突起が付いています。コグは様々な形状をしており、歯車のように皮下組織に糸がはまり、引き上げられる仕組みになっています。

スレッドリフトが行われるようになった当初は、カッティングスレッドと呼ばれる1本の糸に切り込みを入れて棘を作ったタイプの糸を使用していました。糸とのつなぎ目であるトゲの付け根部分が弱く、皮下組織を引き上げる力が弱かっため、現在日本の美容外科クリニックで使用されている糸リフトのほとんどが、最初からコグが型取られた金型に液状のPDOやPLAなどの素材を流し込んで製造するコグと糸が一体となっているタイプになります。

これによって付け根の強度が増し、しっかりと皮下組織を持ち上げることが可能になりました。

 

主なコグの形状は以下の通りです。

  • バーブタイプ:有刺鉄線のトゲや釣り針の“かかり“のような形状。見た目は三角形に近い。
  • コーンタイプ:円錐状。360度方向に糸をひっかけることが可能。皮下組織内で糸が動いても表情を邪魔しない。
  • 球体タイプ:先端が丸い球体で皮下組織と摩擦面を多くするために1cmあたり24個、4方向にコグがついている。
  • メッシュ&バーブタイプ:棘の周りを網目状の3Dメッシュが囲い、2つの構造で皮下組織を持ち上げる。

 

肌質改善のためのスレッドリフト

「ショッピングリフト」と呼ばれる糸を挿入した後の異物反応を利用してコラーゲンを生成させ肌にハリを与えることを目的とした治療法があります。

この場合、コラーゲンを多く生成させるために、短くて細い糸リフトを20から50本程度顔全体に挿入します。

皮下に糸を挿入すると、人体は糸を「異物」ととらえ、体を守ろうと糸の周りにコラーゲンやエラスチンを増殖させます。増殖したコラーゲンは、糸をコーティングするように「コラーゲントンネル」を形成します。

糸が体内に吸収されるまでコラーゲンは増殖しつづけ、次第に糸だけが溶けてなくなります。これは人体の免疫機能を応用したもので、糸を挿入した後も肌内部ではコラーゲン産生が促されるため、加齢による肌の衰えを自身の“治療能力”で緩和させ、細胞レベルでハリと弾力を高めることができます。

 

参照)https://www.maclinic.jp/3dlift.html

スレッドリフトの失敗や副作用

メスを使わず気楽に受けられ、たるみだけではなく肌の質感も改善できると人気のスレッドリフトですが、効果が長続きしなかったり、時にはひどい失敗を招くことも少なくありません。

2014年には施術の効果持続期間や合併症についての十分な説明がないまま,スレッドリフト術が実施され,リフトアップの効果がほとんど見られなかったのみならず,側頭部や顔面の疼痛・皮膚の引き攣れ・凸凹になる・糸が透けて見える・脱毛といった健康被害が生じたことによる男女75名が美容外科クリニックに対して集団訴訟を起こしました。

スレッドリフトは手軽さの反面、失敗が絶えないというリスクがあり、さらに効果が実感できない、長続きしないといった限界があります。糸の力だけで組織を持ち上げているという構造的な問題と、そもそも、スレッドリフト自体に老化の根本原因が考慮されていないことが一番のネックであるとも言われています。

顔の老化の根本的な理由は、真皮線線維芽細胞の減少と表情筋の衰えです。

スレッドリフトでも、異物反応によるコラーゲン生成での肌のハリ等の効果は期待できますが、コグで皮下組織を故意に傷つけ、その傷を治すために、真皮線維芽細胞は、糸が溶け、異物が体内から無くなるまでの数年間という長期間に渡り、想定外にコラーゲン生成のために働かざるを得なくなっているのです。

そのことにより、細胞自体の寿命が短くなったり、傷が治った(糸が溶けて無くなった)際には以前よりも細胞の活動能力が落ちたりすることも考えなければなりません。繰り返し行うことができると言われるスレッドリフトですが、老化の根本原因である真皮線維芽細胞の死滅を引き起こす可能性がある治療であることも考慮すべきでしょう。

参照)https://www.theclinic.jp/column/no185/

http://www.tokyokyodo-law.com/%E5%93%81%E5%B7%9D%E7%BE%8E%E5%AE%B9%E5%A4%96%E7%A7%91%E3%81%AE%E3%80%8C%E7%B3%B8%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%88%E8%A1%93%E3%80%8D%E5%92%8C/

 

-フェイスリフト, 再生医療以外の美容法
-,

Copyright © 肌細胞.jp , All Rights Reserved.