美容のナレッジ

-美容のナレッジ

レチノールって何?ビタミンA誘導体やレチナール、トレチノインとどう違うの?シワ改善に効くのはどれ?

レチノールがシワ改善に効く?

2017年、レチノールが医薬部外品成分としてシワ改善の効果があると厚生労働省に認められてからというもの、多くのスキンケア製品の成分に「レチノール」という文字が登場しました。

レチノール (Retinol)というのは、ビタミンAのことです。

参照)https://koenji.clinic/archives/3439

そもそも、ビタミンAは、ビタミンC、ビタミンEとともに「ビタミンACE(エース)」と呼ばれ、活性酸素の働きを抑える作用を持つ抗酸化ビタミンです。

私たちの身体は、酸素を利用してエネルギーを作り出すと同時に、活性酸素も常に体内で発生しています。活性酸素は細胞を傷つけ、老化、がん、シワ、しみ、糖尿病や脂質異常症、動脈硬化などの生活習慣病の原因となります。

人間の身体は本来、酵素によって活性酸素を抑える働きが備わっていますが、年齢を重ねるとともに体内で作られる酵素の量は減少してしまいます。抗酸化ビタミンは、酵素によって処理しきれない活性酸素の働きを抑える抗酸化物質のひとつとして注目されています。

参照)https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/rouka-yobou/kousanka-zai.html

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-008.html

中でも、ビタミンAは、健康な表皮の形成をサポートし、肌のハリや潤いを保ち、紫外線から肌を守ってシミやシワを防ぐと言われています。

参照)https://www.mylohas.net/2018/07/171063vitamin_a.html

 

レチノールとトレチノイン(レチノイン酸)の違い

レチノールはヒトを含む動物体内では合成されず、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンが体内に取り込まれ、酵素により分解されることで生じます。肝臓などで貯蔵され、血中のレチノール結合タンパク質と結合して放出され、特定の細胞に輸送されていきます。その後、必要に応じて、細胞内でさらにレチナールやトレチノイン(レチノイン酸)等に代謝され、視覚、聴覚、生殖などの機能保持、皮膚や粘膜などの上皮の維持などの生理作用を発揮します。

参照)https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/1908

トレチノイン(レチノイン酸)とは、レチノール(ビタミンA)が体内で酸化することで変化した物質です。生理活性(生体の特定の生理的調節機能に対して作用すること)は、レチノールの約50~100倍と言われており、レチノールは最終的にトレチノインに変換することで効果を発揮することが報告されています。

トレチノインは、誰でも血液中にごく微量流れているもので、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすことはありません。

参照)http://www.cosmetic-medicine.jp/tre-hq/index.html

 

トレチノインはFDAが認可するシワ・ニキビ治療の医薬品

トレチノインは、欧米では40年以上前からニキビ治療薬として認可され、広く使用されています。その後、ニキビの外用治療薬以外にも、皮膚の老化、特に紫外線による光老化の諸症状に効果があるとして、初めて光老化による小ジワなどを適応疾患として1997年にアメリカFDA(食品医薬品局)から、紫外線などの光によるシワなどの皮膚の改善剤という新効能医薬品の第1号として認可されました。

ただし、ちりめんジワなどの細かいシワに対する効果で、それ以上の深いシワやたるみなどに対しての効果は難しいと言われています。

参照)http://www.cosmetic-medicine.jp/list/siwa.html

日本では、日本人における有用性試験において、紫外線による表面的なシワの改善効果は認められるものの、白人と比較すると黄色人種の日本人の肌には皮膚への刺激が強いために医薬品としては未承認となっています。

参照)https://cosmetic-ingredients.org/aging-care/%E3%83%AC%E3%83%81%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%88%90%E5%88%86%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%81%A8%E6%AF%92%E6%80%A7/

 

トレチノインの短期的効果

トレチノインを皮膚に塗ると、表皮の基底層の角化細胞が増殖し、細胞分裂が活発になるため、表皮自体に厚みが出ます。また、それにより角質層ではターンオーバーが促進され、古い角質が剥がれやすくなり、表皮内のメラニンの排出が促されることで肌のくすみやシミが改善されたり、毛穴が詰まりにくくなるなどの作用があります。トレチノインの外用により、組織学的には2週間程度の短期間で、表皮の肥厚、表皮メラニンの減少が認められています。

また、表皮の角化細胞間や角質に、ヒアルロン酸などの粘液性物質が沈着するようになるので水分で潤った水々しい肌になります。

トレチノインの長期的効果

トレチノインは、真皮と表皮の間に存在する凸凹と波打った真皮側の境界域である真皮乳頭層において血管新生を促します。真皮乳頭層には毛細血管が入り込んでいて、表皮に栄養や酸素を供給する役割を持っていますが、年齢を重ねるにつれて、凸凹が減り、表面積が減少するため表皮への酸素や栄養供給が滞り気味になります。トレチノインによる血管新生の促進作用により、表皮内への酸素や栄養供給状態が改善することで血色が良くなり顔色が明るくなります。

また、真皮の線維芽細胞(肌細胞)のコラーゲン産生促進などの作用もあるため、真皮でのコラーゲン量が増えることで、肌の張りを取り戻させる働きがあるとされいます。

トレチノインによるこれらの効果を実感するためには、少なくとも半年〜1年以上はトレチノイン外用が必要となります。

さらに、トレチノインは表皮、真皮レベル双方で皮膚の創傷治癒を促進する働きや、皮脂の分泌を抑制する働きも持つことがわかっています。

 

 

作用 適応 効果と持続期間
表皮 角層剥離、

表皮の肥厚(角化細胞の増殖) 、

表皮ターンオーバー促進、

細胞間質内へのヒアルロン酸沈着

ニキビ、クスミ

色素沈着(メラニン産生抑制はない)、創傷治癒、 潤い

使用開始後2、3日で薬理効果が現れ、2週間程度で徐々に表皮メラニンの減少が見られるようになる。
真皮 真皮乳頭層の血管新生、

コラーゲン産生促進、 皮脂腺機能抑

創傷治癒、小ジワ、肌の張り、 ニキビ 6ヶ月以上の連続使用により肌のハリを感じられるようになる。半永久的に継続使用することで肌のハリを保つことができる。

参照)http://www.cosmetic-medicine.jp/list/siwa2.htm

https://www.cosmetic-medicine.jp/english/list/hihuka-practice.html

 

トレチノインの副作用やデメリット

トレチノインは、動物実験では大量内服投与によって奇形を生ずることが報告されています。人間ではトレチノインの外用との因果関係が明らかな奇形発生はないものの、念のため妊娠中やこれから妊娠を希望される方のトレチノインの外用は注意が必要です。

トレチノインを顔に塗ると、“レチノール反応“と呼ばれる症状が起きます。

  • 2、3日後、 トレチノインを塗ったところやその周辺の皮膚がポロポロとむけ、赤くなります。
  • 顔を洗ったり、スキンケアを行うと、ヒリヒリすることがあります。

これらのトレチノインによる反応は、トレチノイン治療には必ず伴う反応です。

治療を中止すれば徐々に回復します。皮は無理にむかず、自然にはがれるのを待ちましょう。

トレチノイン治療中は、このようにターンオーバーが活発になることで皮膚の角質層が剥がれるため、皮膚のバリアー機能や水分保持機能が低下しています。

皮がむけることで表皮内の水分が蒸発し、皮膚が乾いて突っ張りを感じたりします。特に、バリア機能がないことによる紫外線のケアには注意が必要です。

トレチノイン使用中は、皮膚は紫外線の影響を非常に受けやすい状態になっています。紫外線のケアが悪いとかえって新たなシミができてしまいかねませんので担当医の指示に従い、適切な紫外線ケアを行いましょう。

参照)http://www.cosmetic-medicine.jp/tre-hq/tre_attention.htm

 

日本におけるレチノール配合の化粧品

レチノールには約2,000種を越える誘導体※1があり、その誘導体の総称を“レチノイド(retinoid)“と言います。

参照)https://shimizuderm.com/textbook03/pdf/6-04.pdf

日本で認可されているレチノイドには、①レチノール、②酢酸レチノール、③パルミチン酸レチノールといったレチニルエステル※3があり、厚労省が医薬部外品として認可したのは「レチノール」です。

化粧品としては、100gあたり25万国際単位(重量換算で約0.04%)までの使用が認められています。

アメリカでシワの改善薬として使用されているトレチノインと比べると、レチノール自体の生理作用は約100分の1しかありません。

これ位の配合量では、赤くなったり、皮がむけたり、と言ったレチノール反応は出ず、その分効果もトレチノインの数百分の1程度に過ぎず、その効果を実感することはなかなか難しいでしょう。

実際に臨床効果はなく、トレチノインのような角化細胞の増殖や肌細胞の活性化による小ジワ改善効果を期待するというよりは、保湿クリームとしての位置付けです。

一般的に、医療においては治療の効果と、それによって生じる炎症(副作用)の量は比例するものと考えられています。炎症が少ないということは、それなりの効果であると思ってよいでしょう。

ところが、シワ改善を謳ったレチノール配合の化粧品は数多く発売されており、価格も高価なものが多い印象です。

参照)

http://www.bihadahime.com/report/biyoutuusinn200502.html

https://cosmetic-ingredients.org/aging-care/%E3%83%AC%E3%83%81%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%88%90%E5%88%86%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%81%A8%E6%AF%92%E6%80%A7/

 

肌再生医療との併用

トレチノインは深くなってしまったシワやたるみには効きません。

コラーゲンやヒアルロン酸注入、ハイフやフェイスリフト、ボトックス注射等と併用することでも、深いシワやたるみ等を改善し、顔全体の若返りを図ることができますが、どの治療も効果の持続期間が数ヶ月〜1年、長くても2年程度、中には回数を重ねなければ効果を実感できない治療法もあり、コスパはあまり良くありません。

肌再生医療は、自分の皮膚から細胞を培養し、真皮内へ戻す(移植)方法により、肌細胞そのものの数を増やすことで老化した肌の再生を可能にします。

トレチノインによる肌細胞のコラーゲン促進作用も、コラーゲンを産生する肌細胞の数が多ければ多いほど、その効果も期待できるでしょう。

※1)誘導体とは、安定性や浸透性を高めるために、分子構造の一部を変化させてできたもの。

※2)細胞核とは、生物の細胞を構成する細胞小器官のひとつ。細胞の遺伝情報の保存と伝達を行い、ほぼすべての細胞に存在する。

※3)レチニルエストルとは、レチノールやトレチノインが活性型(肌に作用する)であるのに対し、貯蔵型(肌に蓄える)のレチノイドです。

参照)https://www.shinagawa.com/skin_retinolpeel/

-美容のナレッジ

Copyright © 肌細胞.jp , All Rights Reserved.