肌細胞を培養・移植し肌を根本治療する「肌の再生医療」の情報サイト

肌の再生医療
資料ダウンロード

肌の再生医療はじめませんか?
肌の老化現象(しわ・たるみ・クマ・ほうれい線)は治療することができます

資料ダウンロード

肌の再生医療による目の下のクマ治療症例:K-0026

40代男性 リアルタイムモニター様(6ヶ月後)

目の下のクマでお悩みで、肌の再生医療を行ったモニター患者様の症例写真です。

治療前
治療後6ヶ月

担当医師よりコメント

【6ヶ月経過コメント】
皮膚を直すだけでも、これだけの改善が見込めます。完全に改善しないのは、今回は。ヾ窿歹盪號辰涼亟法眼輪筋の弛緩に対する対策は何もしていない(できていない)からです。でも個人的には手術的にヾ窿歹盪號辰涼亟法眼輪筋の弛緩の改善を行うのは反対です。将来的に不自然になる可能性が高いからです。

【治療前コメント】
このような目の下のたるみ症状は、男性に多く見受けられます。またこ症状としてはかなり強い方に分類されます。ヾ窿歹盪號辰涼亟法眼輪筋の弛緩。さらにそれを一番外で支える皮膚の張りの低下(弛緩)により複合的にこのような症状が出現します。肌の再生医療では当然ながらヾ窿歹盪號辰涼亟法眼輪筋の弛緩に対しては無力です。しかし、0貳岾阿濃戮┐詒乕罎猟イ蠅猟祺次蔽亟法砲鮗N鼎垢襪海箸任海譴世閏稱屬譴襪箸いΔ海箸鮓ていただける症例だと思っています。

リアルタイムモニターの治療経過▼

担当医師よりコメント

【1ヶ月経過コメント】
徐々に改善してきているのがうかがえます。肌の再生医療の効果は、3か月〜6か月かかるので、今後の写真に期待です

担当医師よりコメント

【3ヶ月経過コメント】
改善傾向が明らかに見て取れる症例です。

担当医師よりコメント

【6ヶ月経過コメント】
皮膚を直すだけでも、これだけの改善が見込めます。完全に改善しないのは、今回は。ヾ窿歹盪號辰涼亟法眼輪筋の弛緩に対する対策は何もしていない(できていない)からです。でも個人的には手術的にヾ窿歹盪號辰涼亟法眼輪筋の弛緩の改善を行うのは反対です。将来的に不自然になる可能性が高いからです

このページの上へ