肌細胞を培養・移植し肌を根本治療する「肌の再生医療」の情報サイト

肌の再生医療
資料ダウンロード

肌の再生医療はじめませんか?
肌の老化現象(しわ・たるみ・クマ・ほうれい線)は治療することができます

資料ダウンロード

肌の再生医療による目の周り治療症例:E-0010

30代女性 リアルタイムモニター様(治療後1年経過)

目の周りがお悩みで、肌の再生医療を行ったモニター患者様の症例写真です。

治療前(2017年8月31日)
治療後1年後

担当医師よりコメント

【1年経過コメント】
術前コメントでも書きましたが、予防的な意味合いが強い治療となります。写真上の変化はそもそも見込めない症例です。

【治療前コメント】
肌の再生医療は、老化した皮膚をもとの状態に戻す治療ですので、もともと状態のいい人にはそれほど大きな効果は認められません。今回は予防的な意味合いが強い治療となります。20歳の人に肌の再生医療をしても、全く治療効果はありません。例えば、20歳の人に肌の再生医療をしても、全く治療効果はありません。なぜならば20歳の人の肌老化していないからです。例えは悪いのですが、風邪薬は、風邪で具合が悪い人を元気にさせる薬です。風邪をひいていない人が飲んでも決して元気になりません。同じように老化していない(老化の程度が少ない)人に、肌の再生医療を行ってもそれほど効果は出て来ません。逆を返すとこの特性が肌の再生医療の安全性を物語っています。

リアルタイムモニターの治療経過▼

担当医師よりコメント

【1ヶ月経過コメント】
治療1ヶ月目なので効果はまだ表れていません。

担当医師よりコメント

【3ヶ月経過コメント】
予防的な意味合いの強い治療ですが、目の下のクマが消失し張りが出ています。効果はそれなりに観察できる症例です。効果が出るといっても、若い人、症状が弱い人は劇的な効果はありませんが、予防効果は絶大です。

担当医師よりコメント

【6ヶ月経過コメント】
肌の再生医療は、老化した肌を再生させる。もしくはまだ老化していないが、今後の老化の備える。この2つの意味合いから行われます。この症例は若年者であり、治療の主目的は後者の老化の予防です。いわゆるビフォーアフターの大きな変化はそもそも見込めません。

担当医師よりコメント

【1年経過コメント】
術前コメントでも書きましたが、予防的な意味合いが強い治療となります。写真上の変化はそもそも見込めない症例です。

このページの上へ