肌細胞を培養・移植し肌を根本治療する「肌の再生医療」の情報サイト

肌の再生医療
資料ダウンロード

肌の再生医療はじめませんか?
肌の老化現象(しわ・たるみ・クマ・ほうれい線)は治療することができます

資料ダウンロード

肌の再生医療 HOME > 関口宏の“そもそも”で肌の再生医療が紹介されました

関口宏の“そもそも”で肌の再生医療が紹介されました

「時間よ、止まれ!アンチエイジングの秘密」

2015年2月24日、NHK BSプレミアム「関口宏の“そもそも”〜時間よ、止まれ!アンチエイジングの秘密〜」にて、肌細胞を移殖するアンチエイジング 肌の再生医療が紹介されました。テレビの中では「真皮線維芽細胞補充療法」と紹介されました。

実際にこの治療を受けられた方のインタビューでは、「若返りというか、ちょっと老化を遅くできるのであれば遅くしたいっていうのはありますね」とコメント。

当サイトの監修医でもある北條元治医師は、「10代の細胞をとっておいて、60代の人に移植したら、そこの部分の細胞はやっぱり10代の細胞になりますから、『紫外線や加齢でダメージを受けた皮膚を根本的に治療する』ということになります。」と説明しました。

このページの上へ