肌細胞を培養・移植し肌を根本治療する「肌の再生医療」の情報サイト

肌の再生医療
資料ダウンロード

肌の再生医療はじめませんか?
肌の老化現象(しわ・たるみ・クマ・ほうれい線)は治療することができます

資料ダウンロード

肌の再生医療と他の美容法との違いは?

はじめに

私たち人間は、皆たった1個の細胞(受精卵)から始まります。受精卵は子宮に着床し、細胞分裂を繰り返し、やがて受精卵は爆発的に増え、数十兆個の細胞に分裂します。ビッグバン。しかし数十兆個に膨張した細胞群はその状態を永遠には維持できずやがて収束を始めます。つまり細胞はある時から徐々にその数を減らし始めるのです。いったん増えた細胞が減少に転じる瞬間が、すなわち、老化の始まりなのです。老化の行き着く先。ついに生命を維持できないくらいまで細胞数が減少してしまった時に、かつての受精卵には死が訪れます。

「老い」つまり肌細胞の減少は、薬品、人工物、レーザー、美容整形手術で何とかなるものではありません。現在あるほとんどすべての美容整形(皮膚科)は「老いた外見を整形する」処方にすぎないのです。「老い」に対する本当の意味での対抗手段は、減ってしまった細胞を何らかの形で元の状態に戻す以外にはありません。骨細胞が減ってしまった骨(骨粗しょう症)を治療するには骨細胞を補充すると同じく、肌細胞が減って弾力やハリを失った肌には肌細胞を移植・補充する肌の再生医療以外に道はありません。

肌の再生医療の大きな特徴

肌の老化の根本原因は3大要素(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)を生成する真皮線維芽細胞の減少です。線維芽細胞を補充し、根本的な治療を施すという点は他の治療法にはない肌の再生医療の大きな特徴です。

線維芽細胞
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸
加齢等により皮ふが薄くなり、しわやたるみが生じている肌の根本治療

他の美容法との違い一覧表

肌の再生医療と他の美容法との違いを一覧表にしました。詳しくお知りになりたい方は詳細内容欄より詳しい比較ページをご覧ください。

治療・美容法 持続期間 メリット デメリット 詳細内容
肌の再生医療 根本治療 老化症状を根本から治療し、効果が自然。 専門施設が必要で、細胞保管費用が発生。
フェイスリフト 5〜10年 顔全体のたるみを改善、若返り効果が高い。 傷跡が残る。
神経損傷のリスクあり。
脂肪注入 5年程度 自身の脂肪を使うため、拒絶反応は起こらない。 注入し、生着した脂肪は取り出せない。
ヒアルロン酸注入 半年〜1年 手軽で即効性があり、失敗しても溶かして戻る。 持続期間が短い。内出血が起こりやすい。
PRP療法 ※半年〜1年 自分の血小板なのでアレルギーの心配がない。 一時的な刺激で長持ちしない。

※  添加物を使用した場合は持続期間が1〜3年となりますが、しこりが残る被害が報告されています。

このページの上へ