肌細胞を培養・移植し肌を根本治療する「肌の再生医療」の情報サイト

肌の再生医療
資料ダウンロード

肌の再生医療はじめませんか?
肌の老化現象(しわ・たるみ・クマ・ほうれい線)は治療することができます

資料ダウンロード

肌の再生医療とは?

はじめに

肌細胞(真皮線維芽細胞)を移植することで肌の若返りを目指す「肌の再生医療」は、1990年代にUCLAのオルガ・マルコ博士によりその治療原理が確立され、2007年にアメリカのFDA(厚労省に相当)により、その治療効果と安全性が確認されました。(エビデンスの確立された医療
2002年に東海大学での熱傷用の培養皮膚の開発・研究をしている研究室経由で日本に紹介されました。オルガ・マルコ博士の治療原理と細胞培養方法が記された分厚いファイルはまさに熱傷治療を美容に応用する内容が書かれていました。その内容は今まで延べ2万人にも上る患者さんが治療を受けることになる内容でした。
すべては「安心安全に、しかも自然で健康的な肌を手に入れる」という以下の3つのコンセプトに通じています。

① 不自然になったり、失敗したりすることはありません

従来の美容整形と違い、薬品(ボトックス、成長因子、ヒアルロン酸など)や人工物(糸)はもちろん、炎症や変性を起点とし細胞を刺激するレーザーのように肌を痛めつけることなく、細胞同士の有機的なネットワークや細胞による自然な回復力だけによる治療であるため、不自然な結果になったり失敗したりすることは決してありません。

② ゆっくりと確実に肌が再生されていきます

ゆっくりと、しかし確実に肌が再生され、肌全体の質と機能が回復していきます。そもそも人体は、切る、人工物(異物)を入れる、熱するというメージを与えられるようにはできていません。不自然な身体反応を起点とする従来の美容医療とは全く異なるコンセプトです。

③ 半年ほどの期間をかけて穏やかに回復した後、その状態が数年に渡って持続します

熱傷治療用の培養皮膚と全く同じ細胞を用いた治療です。熱傷治療に用いた培養皮膚に効果の持続時間が無いのと一緒です。したがい、半年ほどの期間をかけて穏やかに回復した後、その状態が数年に渡って持続します。1年半前後で定期的に細胞を追加補充することで、更なる肌再生効果が見込めます。ただし、効果は非常にゆっくり現れますが、半年ほどたっても全く効果が現れないことなどはありません。効果が全くない場合には、移植に用いた肌細胞そのものに何らかの問題(活性度、個数、同一個体認証)があった可能性が高いと考えられます。

治療のしくみ

肌の再生医療は、あなた自身の真皮の線維芽細胞を、専用の施設(CPC)で培養して増殖させて再びあなたの皮ふに移植する治療です。

移植するとどうなる?若返りまでのプロセス

線維芽細胞は、真皮を構成する3大要素を作り出します。
3大要素とはハリに関わる「コラーゲン」・潤いの「ヒアルロン酸」・弾力の「エラスチン」のことです。

培養した線維芽細胞を移植することは、=(イコール)この真皮を構成している肌に大切な3大要素を増やすということになるのです。

加齢等による細胞の衰えにより、必ず3大要素を作る機能が衰えてきますが、 肌の再生医療によって増殖させた細胞を移植することで3大要素が増えて肌の機能が改善し、肌のハリを取り戻すことができます。

整形とは違った、根本的な治療

老化した肌を切ったり引っ張ったりするのではなく、老化原因の根本を治療するわけですから、効果が自然で持続時間も長いです。
自分の細胞を使うから、施術後の不自然さ、いわゆる「顔をいじった」「整形顔」等と言われる心配がありません。

このページの上へ