肌細胞を培養・移植し肌を根本治療する「肌の再生医療」の情報サイト

肌の再生医療
資料ダウンロード

肌の再生医療はじめませんか?
肌の老化現象(しわ・たるみ・クマ・ほうれい線)は治療することができます

資料ダウンロード

治療の流れ

まずは医師と相談

肌の悩みや気になっているところ等を医師にご相談いただくカウンセリングを行います。

・どこにどれくらい移植すれば良いの?
・どれくらい改善できる?
・費用は総額でいくらくらい?

どんなことでもまずはお気軽に医師に相談してみましょう。

インフォームドコンセントとは、医師が患者様に診療の目的・内容を十分に説明して患者様の納得を得て治療することです。

耳の後ろから皮ふ(線維芽細胞)を採取

医師が、あなたの耳の後ろから皮ふ片を採取します。
ほとんど痛みはありません。皮ふ片の大きさは米粒サイズです。 また、線維芽細胞を培養するためにはあなたの血液が必要ですので、採血をします。

線維芽細胞を培養

細胞培養技術者が約1ヵ月かけて、あなたの線維芽細胞を増やします。 専用の施設(CPC)と細胞培養の専門家がいないと成り立たない高度な医療です。

CPC

線維芽細胞を移植

いよいよ線維芽細胞の移植です。 注射で細かく真皮の中へ移植していきます。部位によってはチクチクと痛みを伴うことがあります。

移植

【副作用について】

本質的な副作用はありませんが、消毒液・クリーム状麻酔剤・溶解液・細胞定着剤などの薬剤による一般的な副作用の可能性はあります。

このページの上へ